埼玉西部 土と水と空気を守る会
 

 Action

  司法修習生給費制維持を求める活動

 お金がないと法律家になれないの?

 今年の11月、これまで法律家の卵である司法修習生が研修する際に支給されていた給与がなくなり、生活費のない修習生には裁判所がお金を貸し付ける「貸与制」に変わろうとしています。
 これって、一体どういうことなのでしょうか。
 現在、弁護士や裁判官、検事等の法曹資格を得るためには、ロースクールに2〜3年間通い、その後、試験を受けます。そして、試験に受かった後、1年間の「司法修習」が義務付けられています。この修習の間、アルバイトは禁止され、裁判所や検察や法律事務所などでの修習を行い、修習終了後、さらに修了試験を受けて、これに受かってようやく、法曹の資格を得ることになります。
 結局、弁護士等になるためには、大学卒業後、3〜4年間、無給で勉強しなければなりません。ロースクールの学費は全て個人負担です。その間の生活費もかかります。日弁連の調査では、多くのロースクール生が多額の借金を抱えていることが明らかになっています。平均で318万円、中には1千万円以上の借金を抱えている人もいました。

 この上、司法修習の間も「無給」となってしまっては、お金のない修習生は、さらに借金を重ねることになってしまいます。

 ロースクール生の声を聞き、こんなに大きな不安を抱えなければ法曹を目指せないのか、と驚きました。
 
 これでは、志をもった優秀な若者たちが、家庭の経済的な事情で法律家への道を目指せなくなってしまうのではないか・・、これって教育の機会均等が崩れているってことではないでしょうか。お金がないと法律家になれなくなり、庶民感覚から遠い人たちが司法の世界の多数を占めるようになったとき、私たちの暮らしや権利は守られるのでしょうか。私たちの環境を巡る全くお金にもならないような・・裁判に取り組んでくれる弁護士は育つのでしょうか??

 この問題は、単に法律家だけの問題ではなく、私たち市民の問題でもあります。

貸与制導入の見直しを
2004年の裁判所法「改正」に際し、衆参法務委員会附帯決議は、「経済的事情から法曹への道を断念する事態を招くことのないよう」関係機関が十分に協議をすることを求めていました。多くの修習生が多額の借金を負担していること、法律家を目指す人が減少していることなど、当時は予想していなかったことが、現実に起こってきています。

給費制の維持を
 裁判官・検察官・弁護士は、対立する立場から互いをチェックし、裁判が適正に行われるようにします。裁判においては、多くの人の権利が絡み合う問題を解決しなければならないからです。単に私利や感情を満足させるのではなく、権利を守り正義を実現しなければなりません。法律家は「権利の守り手」です。給費制によって、すべての法律家の資格は国民の負担において与えられたもの、となります。法律家の仕事の公共性・公益性ゆえに国民が法律家を育てるのであり、給費制は法律家に対し公共心と使命感を求める制度でもあります。

ぜひ、署名活動・賛同にご協力をお願いいたします。

署名のお願いのLINK 日弁連HP
司法修習生の給費制維持を求める市民連絡会HP
ビギナーズネット(司法修習生の給費制維持のための若手ネットワーク)
 


 
 







 

 



   
inserted by FC2 system